JA横浜の情報誌「Agri横浜」からお料理レシピをご紹介します。TRY COOKING(トライ・クッキング)

マツタケ風味で秋を満喫♪ エリンギのまぜご飯

作り方・材料
  1. 米を炊く(通常の炊飯)。
  2. エリンギを薄切りに、ニンジンを細切りにする。油揚げは縦3等分にしてから細かく切る。
  3. ②とAを鍋に入れ、煮込む。
  4. 炊きあがった①に③を加え、全体に混ぜ込む。
    Point:ご飯が炊きたてのうちに混ぜる
  5. ④にお吸い物の素をふりかけ、軽く混ぜ合わせる。
  6. 卵は薄焼きにし、細く切って錦糸卵にする。サヤエンドウは塩を加えた熱湯でさっとゆでて、細切りにする。
  7. ⑤に⑥を飾り付ける。

材料<約6人分>

  • 米4合
  • エリンギ300g
  • ニンジン小1本
  • 油揚げ5枚
  • 卵3個
  • サヤエンドウ2本
  • 材料お吸い物の素(マツタケ風味)4~6袋
  • しょうゆ小さじ1
  • 酒小さじ1
  • みりん小さじ1
  • 白だし大さじ2
  • 砂糖お好みで
  • 塩少々

今の季節にぴったりのオリジナル料理です。高価な食材を使わずに、秋の味覚の風味を楽しめます。レシピでは飾り付け用の食材に、サヤエンドウを紹介していますが、今回は紅ショウガを使ってみました。米は、もち米を混ぜてもおいしいですよ。

磯子区杉田 齊田さん

バックナンバー


女子大生が考えたオリジナルキャベツレシピ集『キャベツ食べる』

JA横浜は平成24年度から東京家政学院大学と連携し、学生が考案したレシピを活用して、「横浜野菜」の普及拡大に取り組んでいます。平成26年度は「キャベツ」をテーマに、女子大生ならではの視点で考えた19種類のレシピが完成しました。キャベツのおいしさをさらに知っていただくために、そのレシピを1冊にまとめましたので、ご家庭でもぜひ活用してください。