JA横浜の情報誌「Agri横浜」からお料理レシピをご紹介します。TRY COOKING(トライ・クッキング)

冷めてもおいしい♪ ホットサンド

作り方・材料
  1. パンをトースターでこんがりと焼く
  2. ボウルに卵1個を割り入れてよく溶きほぐす。油を熱したフライパンに、卵を流し入れ完全に固まる前に半分折りにし、卵焼きを作る。皿に移し半分に切る。
    *残りの卵も同様
  3. キュウリを2mm幅の斜め切りにする。
  4. 1.にからしマーガリンを薄くぬり、マヨネーズをのせる
    Point:具を整えるときは、バターナイフを使うと良い
  5. 春巻きの皮の角を手前にして置き、1/3のところに4.を棒状に乗せ空気を抜きながら巻く。水溶き片栗粉で巻き終わりを留める。
    Point:からしマーガリンは、マーガリンとからし(チューブ)を混ぜ合わせておく
  6. 4.(4枚)に4.、マヨネーズの順にのせ、塩を少々振りかける。次に、ハム、マヨネーズ、2.の順にのせ4.(残り4枚)で上からサンドする。
    Point:マヨネーズは少量ずつのせる。中心部に味付けするとおいしく仕上がる。
  7. パンの耳を切り落とし、図のようにカットする。お好みでパセリを添えて盛り付ける。
    Point:包丁を斜めに立てながらカットするとパンが潰れない。図のようにカットすると喫茶店風に盛り付けできる

材料<2人分>

  • 食パン:一斤(8枚切り)
  • キュウリ:/3本
  • 卵:2個
  • ハム:4枚
  • からしマーガリン:適量
  • マヨネーズ:適量
  • 塩:適量
  • 油:適量

 冷めてもおいしく食べられるのでお土産やお弁当にもお薦め。30年以上作っているわが家の定番レシピで、忙しい昼時にも短時間で作れます。パンの耳は、油で揚げてグラニュー糖をまぶすと甘くておいしいおやつになりますよ。

旭区 西山さん

バックナンバー


女子大生が考えたオリジナルキャベツレシピ集『キャベツ食べる』

JA横浜は平成24年度から東京家政学院大学と連携し、学生が考案したレシピを活用して、「横浜野菜」の普及拡大に取り組んでいます。平成26年度は「キャベツ」をテーマに、女子大生ならではの視点で考えた19種類のレシピが完成しました。キャベツのおいしさをさらに知っていただくために、そのレシピを1冊にまとめましたので、ご家庭でもぜひ活用してください。