JA横浜の高齢者福祉事業


  • 元気な高齢者の介護予防、健康維持に向けてミニデイサービスを開催するとともに介護の担い手育成に取り組みます。
  • 助けあい組織と連携し、地域に貢献するボランティア活動への参加を支援します。
  • 元気に100歳までを合言葉に、JA健康寿命100歳プロジェクトに取り組みます。

福祉活動の取組み

  1. ミニデイサービス
    • ミニデイサロンやまびこ(みなみ総合センター)みなみ地区を対象に年間160回開催
    • ミニデイサロンひまわり(きた総合センター)きた・中央地区・鶴見・保土ケ谷・田奈地区を対象に年間168回開催

    ※開催回数は、変更する場合もございます。

  2. ミニデイサービスの利用者拡大に向けた取組み

    利用者拡大に向けた周知活動

  3. 福祉活動の啓発・充実に向けた各種研修会の実施

助けあい組織の支援

  1. 介護知識と技術向上に向けたフォローアップ研修会の開催
  2. 『たすけ愛ひろば』の実施

    会員拡大の為のPR活動の実施

  3. たすけ愛の会による管内介護施設等でのボランティア活動の実施
  4. たすけ愛の会員による子育て支援事業への協力

    詳細はJA横浜クッキングサロン「ハマッ子」HPをご覧ください


健康を守る活動への取組み

  1. 運動・健康・介護・医療をテーマにした健康づくりサポート教室を開催

ミニデイサービスについて


JA横浜で行う高齢者福祉事業の中で大きな柱となっているのが、「ミニデイサービス」です。平成20年度よりみなみ・きた両総合センター内に『ミニデイサロンやまびこ』『ミニデイサロンひまわり』の2つの拠点を作り、年間300回を超えるミニデイサービスを実施しています。
JA横浜で実施する「ミニデイサービス」は、組合員とその家族の方で 75歳以上のお元気な方を対象に「介護予防」「健康維持」の視点から実施しています。

※JA横浜独自で行なっているもので、介護保険の手続きは必要ありません。

ミニデイサロンやまびこ

所在地/横浜市泉区中田西2-1-1 みなみ総合センター3階
電 話/805-2951


ミニデイサロンひまわり

所在地/横浜市都筑区東方町1401 きた総合センター2階
電 話/942-2319


開催内容

開催日程各総合支店 月1回(支店により異なる場合があります)
開催場所ミニデイサロンやまびこ・ひまわり
開催時間10:00~15:00(開催時間に合わせて送迎)
対象者75歳以上の元気な組合員の方とそのご家族
参加費1日 2,000円(昼食代含む)※平成31年4月現在
申込み最寄りの支店又は組織生活課までお申し込み下さい。

ミニデイサロンの一日

時 間 主な行事内容
9:00頃 各地域(自宅)にお迎え
10:00 受付・健康チェック(問診・血圧・脈拍)看護師対応
希望者は足浴(ひまわりのみ実施)・開会まではお茶のみ
10:30 開会(一日の流れ説明)
看護師からの健康講話・簡単体操
11:00 講習会や共同作業など
12:00 昼食・休憩時間(農産物直売所・メルカートへ買物ほか)
13:30 体操・歌・カラオケ
ゲーム(射的・輪投げ・スカイツリーゲーム)など
14:15 おやつ作り(みんなで手作り)ゼリー・ババロア・蒸しパンなど
14:30 おやつの時間(くつろぎの時間)
15:00 閉会 各地域へ送迎

※おやつ作りは内容によって予定を午前に変更し、看護師の健康講話を午後に実施することもあります。

手芸講習会

毎月、内容を変えながら季節感のある作品づくりを行っています。また、手芸講習を行うことで、手指の運動にもなり、参加者から大変喜ばれています。

手芸:フォトスタンド
手芸:ミニほうきと牛乳パックのちりとり
手芸:牛乳パックのコースター
手芸:ふるふる芳香剤
手芸:ボタニカルアレンジ

おやつ作り

JA横浜のミニデイサービスの特徴のひとつとして、手作りのおやつ作りがあります。利用者の皆さんでおやつを作り、『おやつの時間』が待ち遠しいです。

やまびこ:簡単大学いも
ひまわり:ミルクもち

体操・歌・ゲーム

毎月趣向を凝らして、参加者皆さんで楽しめるゲームを行っています。

ゲームの様子(たたいてかぶせてじゃんけんぽん)
ゲームの様子(サッカーゲーム)

健康維持、介護予防の為、体操も行っています。

ゲームの様子(たたいてかぶせてじゃんけんぽん)
ゲームの様子(サッカーゲーム)

昼食

企業組合ワーカーズコープ・キュービックと業務委託を締結し、2か所のサロン(会場)で毎回の昼食を作っています。
食材は、地場野菜を多く取り入れヘルシーな献立です。

ひまわりの弁当
やまびこの弁当

この他にも、ミニデイサービスは楽しく、充実した内容が盛りだくさんです。

  • 昼食後は農産物直売所・メルカートへの買物
  • 年に一度は「お出かけミニデイ」を実施し、近隣のファミリーレストラン等へデザートを食べにお出かけします。
  • 防災訓練の実施
  • 芸能ボランティアによる演奏・歌・踊り・マジック等を披露
お買い物の様子
健康講話の様子
おでかけミニデイの様子
防災訓練の様子
芸能ボランティアの様子(さっちゃんマジック)
芸能ボランティアの様子(オカリナ)

ミニデイサロンに是非、ご参加下さい。
お問い合わせは 組織生活課 TEL:045-942-2319 まで

助けあい組織「たすけ愛の会」


JA横浜「たすけ愛の会」とは

ホームヘルパー有資格者を中心に、平成16年5月に設立しました。
この会には「やまびこグループ」「ひまわりグループ」と2つのグループを置き、ミニデイサービスを初め、様々なボランティア活動を行なっています。
ボランティアに興味のある方は一緒に活動しませんか?
JA横浜管内にお住まいの方で活動に賛同頂ける方でしたらどなたでも加入することができます。


【会員数】(平成31年3月現在)

  • やまびこグループ会員 120名
  • ひまわりグループ会員 140名

【主な活動】

  • ミニデイサービスのお手伝い(年間318回開催)
    ※回数は変更することもございます。

    一日4名程度のヘルパーで対応
  • 全体研修会、フォローアップ研修会の開催
  • 各種ボランティア活動
    近隣の介護施設等でシーツ交換や入居者の話し相手、イベントへの協力など積極的に行い地域との交流を深めています。
  • お茶のみサロン
    年金支給日に支店窓口でお茶のサービスを実施しています。
    ※平成31年度から休止とします
  • たすけ愛ひろば
    たすけ愛の会のPR活動を行います。
  • 子育て支援事業への協力
フォローアップ研修会(防災センター)
フォローアップ研修会(スクエアステップ)

認知症サポーター養成講座


急速に進む高齢化社会の中、日本の認知症高齢者の数は、2012年で462 万人と推計されており、2025年には約700 万人、65 歳以上の高齢者の約5人に1人に達することが見込まれています。今や認知症は誰もが関わる可能性のある身近な病気です。
JA横浜は「認知症」について正しく理解して頂き、認知症の方やその家族の方を応援していく「認知症サポーター養成講座」を開催しています。受講者には認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡ししています。
講師は、認知症サポーターの講師役であるキャラバンメイトの研修を受講したJA横浜職員が行います。
また、JA横浜は全職員が認知症サポーターの研修を受けています。

※JA内での講座のみ実施しており、地域への出張講座は行っておりません。

健康寿命100歳講座


「元気で100歳まで!」を合言葉に、各種講座を開催しています。
JA横浜では、食・運動・健康・介護・医療をテーマに健康寿命を延ばし、 元気に100歳まで「ゆとり」と「いきがい」のある暮らしを目指すため、 講座を開催しています。

※平成31年度は、JA横浜 組織部 組織生活課主催の講座は行いません。