青壮年部について

JA横浜ホームページ青壮年部のコーナーにお越し頂き有難うございます。
平成15年4月横浜市内の5つのJAが合併し、「JA横浜青壮年部」が誕生致しました。
さらに、平成27年4月1日にはJA田奈との合併が行われた事から、全28支部700名を超す部員で活動が始まりました。
JA横浜青壮年部の組織構成は、本部役員を中心に、農政学習、レクリエーション、広報の3部会があり、各支部の協力のもと、各種事業を展開しております。
本部事業では、ソフトボール大会等のスポーツ交流事業、地域貢献活動、青年の主張発表会、学習会、農協役員や横浜市議会議員との意見交換会などの農政学習活動を行っております。又、後継者対策として出会事業「ふれあい農コン」や、家族参加型イベントを実施しております。
また、横浜川崎地区農協青壮年部連絡協議会、神奈川県農協青壮年部協議会への積極的な参画をはじめ、近隣のJA青壮年部との交流を行っております。
各支部では、支店まつりの参加や芋掘り、バケツ稲栽培指導、野菜栽培指導等の食農教育活動、遊休農地の積極的な活用等、幅広い活動を行っております。
このコーナーでは、それらの様々な活動を皆様に発信し、多くの方々に知って頂くと共に、部員同士の情報交換の場として活用して頂きたいと思います。

役員紹介

平成31・令和2年度本部役員紹介

部長 村田 和裕
(中里支部)

この度、青壮年部部長に就任することになりました中里支部の村田和裕です。
自分が培ってきたことを生かしつつ人との繋がりを大事にし、青壮年部活動を一層盛り上げるとともに発展させられるよう、皆様にお力添えを頂きながら頑張ってまいりますので、宜しくお願い致します。

副部長 田澤 仁
(保土ケ谷支部)

この度、副部長に就任する事になりました保土ケ谷支部の田澤仁です。
本部役員2期目という事で、今までの経験を活かし、そして皆様にご協力をいただきながら、より良い青壮年部活動が行なえる様に頑張ってまいりますので、宜しくお願い致します。

副部長 林 勇基
(田奈支部)

この度、副部長に就任する事になりました田奈支部の林勇基です。
田奈支部がJA横浜と合併し、様々な活動を共に過ごし、少しずつ皆様と繋がりを持ち、絆を深めてこれました。今年度、平成から令和に切り替わるこの時、平成生まれである私が役員として力添えができる事をとても嬉しく思います。
まだまだ若輩な私ではありますが先輩方に御助言、御力添えを頂きながら2年間、一所懸命に力を尽くして参りますので皆様、宜しくお願い致します。

副部長 星野 雄一郎
(豊田支部)

この度、副部長に就任することになりました豊田支部の星野雄一郎です。
露地野菜を中心に生産・販売しています。青壮年部の発展に寄与できるよう最善を尽くす所存です。宜しくお願い致します。

県青協執行委員 金子 宗司
(川上支部)

この度、県青協執行委員を仰せつかる事になりました川上支部の金子宗司です。
横浜青壮年部の意思を県へ、また、県の考えを横浜の盟友へ伝えていくパイプラインとして尽力して参りますので、宜しくお願い致します。

県青協執行委員 内田 勝俊
(金沢支部)

またこの場所に戻ってきてしまいました。この度、県青協執行委員を仰せつかり、県の副委員長に就任することになりました金沢支部の内田勝俊です。
農政をはじめ、今、各支部でも色々な問題を抱えていると思います。そんな悩みや課題を一緒に解決していきたいと思います。そして『県青協って何やってんだろう?』って思っている方はたくさんいますよね。各単組の集まりの県青協がJA横浜としてもっと身近に感じられるよう努力していきたいと思います。
2年間楽しく盛り上がって新しい将来につながる青壮年部にしていきましょう。どうぞ宜しくお願い致します。

県青協執行委員 三枝 賢司
(神奈川支部)

この度、県青協執行委員を仰せつかる事になりました神奈川支部の三枝賢司です。
初めての本部役員で、分からないことが多く力不足ですが、出来るだけ多くの青壮年部活動に参加出席して頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

Face

Face 第85号(2019年8月)

本部

第24回県下JA青壮年部野球大会

7月2日に第24回県下JA青壮年部野球大会が『平塚市民スポーツ広場』で開催されました。
当日は明け方まで雨が残り開催が危ぶまれましたが、天候は回復し無事に開催されました。
今年度はボンバースが復活し、JA横浜からはフラグメンツと併せて2チームの出場。他にJAさがみが出場し3チームで優勝が争われました。結果は次の通りです。

優勝  JA横浜 フラグメンツ
準優勝 JAさがみ
第3位 JA横浜 ボンバース

優勝はJA横浜フラグメンツとなりました。優勝チームは、10月10日に新潟県で行われるJA関東甲信越地区青年部親善球技大会への出場権を獲得しました。そちらでも優勝目指して頑張って下さい。

本部

ソフトボール

6月15日に雨天順延となったJA横浜青壮年部ソフトボール大会が22日に開催されました。各グラウンドで9時より熱戦が繰り広げられましたが、11時頃に雨が激しくなったため中止となりました。
順位は以下の通りです。

○Aクラス優 勝:和泉支部(県大会Aグループ出場予定)
準優勝:大正支部(県大会Aグループ出場予定)
※11時より雨となったため、チーム代表者のジャンケンにより順位を決定。
○Bクラス(親睦を目的としたグループ)
≪東方公園会場≫
優 勝:田奈支部
準優勝:中川支部
第3位:中里支部
第4位:保土ケ谷支部A
≪葛が谷公園会場≫
優 勝:鶴見支部
準優勝:瀬谷支部
第3位:金沢支部A
第4位:新田支部
※11時より雨となったため、準決勝・決勝戦はチーム代表者のジャンケンにより順位を決定。

支部間交流

横濱ドラゴンボートレース2019

つかもうぜ!ドラゴンボート横浜でいっとー スリルなレース♪ 目指すはでっかい氷川丸!そうさ今こそ畑人だー!!
6月7日、山下公園で開催された初夏の風物詩「横濱ドラゴンボートレース」に、「横浜畑人1号」「横浜畑人NEXT」の二艇が出場しました。各チームの選手、応援団でにぎわう中、スーツ姿の集団が最前列で観戦・・・「異人さんか?」いやいや、JAの常勤役員・職員の皆さんでした。
小雨が降る中、「横浜畑人1号」の予選1回目、緊張感を心地よく感じながらスタート。穏やかな水面を氷川丸に向かいまっすぐまっすぐ加速していきます。部員の息の合ったパドルと見事な舵取り、ゴールの銅鑼が鳴り響くと、場内実況アナウンスが絶叫するほどの好タイム。今年こそはとの期待とやる気があふれ出します。続いて、「横浜畑人NEXT」が出艇、こちらも息がぴったりで、2回目に期待が持てる内容でした。ところが、潮の流れが変わり各チーム2回目はタイムが縮まりません。そんな中、「1号」は見事に決勝レースへ・・・・。
参加した部員の皆さんお疲れ様でした。応援のJA役職員の皆さん、部員、家族の皆さん、声援ありがとうございました。決勝レースでは、異次元の速さの優勝チームには、及びませんでしたが、見事「準優勝」することができました。
7月17日、横浜『北海道』にて反省会を行いました。達成感から部員たちもテンションが上がり、あちこちで祝杯、乾杯また祝杯と楽しい時間を過ごしつつ、「来年こそは優勝を」と誓いあいました。

港北支部

春の支店まつり

5月18日、支店まつりが開催されました。天気にも恵まれて、午前中から、沢山のお客様で会場も賑わっていました。青壮年部は、たこ焼き、焼きそば、スーパーボールすくい、飲み物を販売。たこ焼き、焼きそばは好評でよく売れてました。
まつり打ち上げは、『居酒屋北海道』で部員、職員の方々とおいしい料理、お酒を飲ませてもらいました。皆様、ご協力ありがとうございました。

日野

イモも仲間も作りたい!「日野くんの畑」始めました

農業の理解を深めることを狙い、部員による農業体験として、サツマイモの栽培を始めました。
5月19日、部員の畑でサツマイモを栽培するための準備として、施肥、畝たて、マルチ張りを行いました。今回は圃場も限られ、栽培面積も少ないので、支支部長、副支部長の三人、少数精鋭で作業しました。割と手際よくでき、マルチもきれいに張れました。イモの苗は後日、畑の持ち主の副支部長が植えました。
今後の作業は、ほかの部員や、青壮年部活動に興味のある人などにも関わってもらい、新規部員獲得のためのきっかけになればと考えています。また、ここで栽培したイモを秋の農業まつりで焼き芋にして売り、地産地消を進めたいと思っています。
日野の部員(日野くん)たちによる畑。「日野くんの畑」の活動を通して、いろんな可能性を広げていきたいです。

Face バックナンバー