Agri横浜 vol,202
5/11

品評会の出品数は344品。そのうち、加工品が98品。各農家は毎年〝賞〞を取るために切磋琢磨を続けます品評会後に開く即売コーナーは、これを目当てに来場する客もいるほどの人気イベント野菜を求める客が途絶えなかったのは、地元生産者が信頼されている証し「よいしょ、よいしょ」。会場が一体となっての餅つき「新発売のタピオカミルクティーはいかがですか~」できたての温かい餅があっという間にパック詰め愛情たっぷりのまかないカレーは、私たちが作りました農友会では手作りのわら細工を販売。ポップコーンを無料配布しました子どもたちも活躍したお囃子は保土ケ谷の風物詩として定着子どもたちが夢中になったバルーンアート11/23土・24日保土ケ谷支店農産物品評会

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る