高齢者福祉事業

認知症サポーター養成講座

急速に進む高齢社会の中、現在では462万人が認知症を発症し、2025年には700万人を超えるとも言われています。JA横浜は「認知症」について正しく理解して頂き、認知症の方やその家族の方を応援していく「認知症サポーター養成講座」を開催しています。受講者には認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡ししています。

また、予防に向けた「脳活運動」「レクリエーション」等も行なっています。
講師は、認知症サポーターの講師役であるキャラバンメイトの研修を受講したJA横浜職員が行ないます。

また、JA横浜は全職員が認知症サポーターの研修を受け、毎週水曜日を「認知症サポーターの日」と位置付け、オレンジリングの着用を実施しています。

INDEXに戻る

くらしのサービス

何かお探しですか?

閉じる開く

文字が見づらい場合は文字サイズを変更することが出来ます。
  • 小
  • 中
  • 大
お探しの情報が見つからない場合は検索することが出来ます。